HOME > DISHの特長(選ばれる3つの理由)

クラウド型コールセンターシステム「DISH」
が選ばれる3つの理由

理由1:収益型のクラウド型コールセンターシステム

顧客との関係継続化・収益化を実現するために開発された
クラウド型コールセンターシステム「DISH(ディッシュ)」。
顧客の獲得と育成をシームレスに展開し、顧客創造を行うシステムです。
また、顧客情報を名寄せする機能もあるシステムです。
さらにランドスケイプの日本最大級のデータベースを活用し(オプション)、
未開拓市場を発見・開拓することも可能です。

詳しく読む >>

他社CTIとクラウド型コールセンターシステム「DISH」との比較

他社CTIとクラウド型コールセンターシステム「DISH」との比較

      

理由2:コールセンターで誕生!現場管理者に優しい設計、成果を追求した運営が可能

クラウド型コールセンターシステム「DISH」は、ランドスケイプの自社センターで生まれ今も日々開発されています。
だから、現場のノウハウと成果を上げる工夫が満載です。
業務の設定や変更も、現場管理者(SV)レベルで自在に行えるシステムです。
成果を追求できる顧客管理を実現したコールセンターシステムです。

ランドスケイプコールセンター

クラウド型コールセンターシステム「DISH」は、2012年4月現在7,124ライセンスが稼動中です。
一般事業会社様はもちろん、同業界のテレマーケティング企業様でも採用されていることは、「DISH」の使いやすさと効率性の証です。

詳しく読む >>

クラウド型コールセンターシステム「DISH」導入状況

導入実績/7.124ライセンス

理由3:CRM/データベースマーケティング会社が作った顧客管理に強いCTI

クラウド型コールセンターシステム「DISH」は、ランドスケイプのすべてのCRM/データベースマーケティング事業の中心に位置するシステムです。
ランドスケイプのCRM・データベースマーケティングの思想の上に、テレマーケティング・ダイレクトメール・Eメール/Webマーケティングなど、すべてのダイレクトマーケティングチャネルを駆使するランドスケイプならではの実務経験とノウハウを加えて作られています。したがって、顧客情報の管理を円滑に行うことが可能です。
CRM/データベースマーケティング会社が作ったクラウド型コールセンターシステム「DISH」で顧客管理/運営に「変化」を作ってみませんか?

詳しく読む >>

コールセンターシステム「DISH」の位置づけ

クラウド型コールセンターシステム「DISH」の位置づけ
クラウド型コールセンターシステム「DISH」。コンタクトセンター支援機能 クラウド型コールセンターシステム「DISH」。重複登録の防止 顧客情報の一元化キャンペーン/業務設計 キャンペーン分析(レポート機能) クラウド型コールセンターシステム「DISH」。顧客情報の一元化


  
▲ページトップへ お問い合わせ・資料請求