HOME > 実績・事例 > 事例3:通信

導入事例3: 通信業界様 活用事例
データベース連携による売りモレ・ヌケの把握

見込客をストック化し“循環型”営業の仕組みを確立しました

企業プロフィール

業 種 通信機器
年 商 300億円
従業員数 400名
取扱サービス 携帯電話(2万円〜6万円/個)

要望と導入選定理由

要件・要望 1. 見込客の絶対数を増やしたい
2. 従来個人向け営業だったが、法人市場の開拓も行いたい
ソリューション 「DISH」による発信業務中心のコンタクトセンターを立ち上げ、“循環型”営業スタイルによる見込客のストック化を実現。
結 果 1. 見込客の絶対数が増えた。“最適な人に最適なタイミングで”プロモーションを実施することができるようになった。
2. データベースマーケティングのスペシャリストであるランドスケイプにターゲット選定および提供をしてもらい、効果的な法人市場開拓を行うことができた。
LSを選んだ理由 ● 収益型CTIである
● アウトバウンドとインバウンド両方対応可能、営業SFAとの連携が可能である
● 最適化されたターゲットリストも提供してもらえる
概算費用 96ライセンス導入(3拠点)
6,000万円〜



1.仕組みで解決!見込み客のストック化

常にゼロベースからキーマンの獲得・ニーズの確認をしなければいけない“かけすて型”の営業スタイルではなく、見込客を逃さずフェーズアップさせる“循環型”の営業スタイルに変わりました。

顧客との全コミュニケーション履歴を把握しているので、“最適なターゲットに、最適なタイミングで、最適な訴求をする”ことができるようになりました。


見込み客を逃さない仕組み

見込み客を逃さない仕組み

顧客情報の一元管理 >>
重複登録の防止 >>
キャンペーン/業務設計 >>
コンタクトセンター支援機能 >>




2. 法人市場の市場開拓のためのデータベース連携

ランドスケイプにターゲット選定およびターゲットデータの提供をしてもらい、効果的な法人市場開拓を行うことが出来ています。
従来、個人向けに営業を行っていたので、法人市場開拓サービスを実際に行っているランドスケイプに成果につながるターゲティングサービスやノウハウを提供していただくことは非常に助かりました。


日本最大級の法人マスターデータベースLBC

日本最大級の法人マスターデータベースLBC

収益につながるターゲットの提案

収益につながるターゲットの提案

※弊社の法人DB・消費者DBとの連携はオプションとなります。



法人マスターデータベース >>
消費者データベース >>




▲ページトップへ お問い合わせ・資料請求